富士山 富士五湖エリア

JoyFuL No.027

富士北麓の自然に導かれ山梨でスタート

藤田太一さん
プロフィール

富士吉田市大明見
藤田太一さん(38) 
東京都狛江市より移住

親戚の事業を手伝うために山梨を訪れた藤田太一さん。
自然と触れあううちに、ずっとこの地で暮らしたいと思ったそうです。

 東京のコンサルティング会社に勤めていた藤田さんは、10年前に親戚の事業を手伝うために山梨に来ました。しばらくしてその事業が一段落し、東京に戻るか考えた時に、ある思いが浮かんだそうです。「仕事で山梨に来ましたが、豊かな自然とふれあううちにこの場所が好きになりました。空気や水が美味しく、過ごしやすい気候で、ずっとここに居たいと思いました」。自然があふれる山梨の生活が気に入り、東京には帰らずにそのまま暮らす事にしました。
 山梨の自然の魅力に惹かれた藤田さんは、その素晴らしさを多くの人に伝えたいと、ある事を閃きました。「当初から宿泊施設を運営していますが、せっかく素晴らしいロケーションに来てもらうのだから、泊まってもらうだけではもったいない。自然とふれあいながら遊んでもらえる場所があれば、もっと喜んでもらえるのではないかと思いました」。周りにそのような場所がなかった事や、畜産に興味があった事もあり、2008年8月に自然を身近に感じる事のできる『ふじさん牧場』をオープンしました。

山梨の自然だけではなく、
人の温かさにも惹かれました。

 藤田さんは、山梨の魅力を『自然』だけではなく『人の温かさ』だと言います。移住前は地域の人たちに受け入れてもらえるか、少なからず不安があったそうですが、実際に移住して、そういった事は全く無く、むしろ親切にしてくれる事が多かったと言います。
 「動物の飼育に慣れていない頃に、地域の人に教えてもらいに行ったら、親身になってくださり、とても丁寧に教えてくれました。そして、山梨県の職員の方にもお世話になりました。牧場を立ち上げる時に手伝ってくれたり、検査の仕方や顕微鏡の使い方を教えてくれて本当に助かりました」。牧場運営が未経験だった藤田さんにとって、地域の人たちや、県の職員の手助けはとても心強く、そんな人の温かさにも惹かれたと言います。
 休日は気心の知れた仲間たちと、山中湖や忍野村の川で釣りをするなど自然を満喫している藤田さん。今後は、地元の食材を使った商品にも力を入れ、牧場運営を通じて自然があふれる山梨の魅力をより多くの人に伝えたいと、今後のビジョンをお話しいただきました。

(2013年4月取材)

2008年夏にオープンした『ふじさん牧場』。様々な体験を通じて自然とふれあう事ができます。

2008年夏にオープンした『ふじさん牧場』。様々な体験を通じて自然とふれあう事ができます。

 

休日や夏休みなどは、動物とふれあう多くの家族連れで賑わいます。

休日や夏休みなどは、動物とふれあう多くの家族連れで賑わいます。

 

「山梨の自然の素晴らしさを、多くの人に届けたいです。」と藤田さん。

「山梨の自然の素晴らしさを、多くの人に届けたいです。」と藤田さん。

 

自然に囲まれた広大な牧場で、牛や羊たちはのんびり過ごします。

自然に囲まれた広大な牧場で、牛や羊たちはのんびり過ごします。

 

どこまでものどかな風景が続く富士吉田市大明見。

どこまでものどかな風景が続く富士吉田市大明見。