富士山 富士五湖エリア

JoyFuL No.030

魅力が盛りだくさんの山中湖村

堀野麻美さん
プロフィール

山中湖村山中
堀野麻美さん(29) 
静岡県御殿場市より移住

山中湖を拠点にプロウェイクボーダーとして活躍する堀野麻美さん。山中湖村のロケーションの良さに魅力を感じています。

 山梨に移住する前は、静岡県で動物病院の動物看護士をしていた堀野さん。当時の上司に誘われたのをきっかけにウェイクボードを始めました。自らを負けず嫌いと称する堀野さんは、練習を重ねメキメキと上達し、いくつもの大会に出場。そして趣味が高じて、プロのウェイクボーダーとなり、山中湖を拠点に日本各地で活躍し、その傍ら、マリンスポーツの楽しさを多くの人に知ってもらいたいと、マリンスポーツショップ『ハクタカマリン』でインストラクターを務めています。

夏が涼しく快適な暮らしを送れます

 堀野さんは、マリンスポーツショップへの就職がきっかけで山梨に移住しました。お母様が山梨県出身という事もあり、小さい頃からたびたび山梨を訪れていて、馴染み深い場所だったと言います。最初は富士吉田市に住み、その後、職場との距離が近い山中湖村に移ったそうです。山梨での暮らしぶりについて尋ねると「山中湖村は、東京からのアクセスが良く、マリンスポーツができるのはいいですね。富士吉田市も近いので買い物や病院など、日常生活で不便に感じる事はありません。それに、夏でもエアコンが要らないくらい涼しいです。気候が良く過ごしやすい場所ですよ。」と、山中湖村は暮らしやすく、実家のある静岡県御殿場市からもほど近い、絶好のロケーションだと言います。
 「実家のある御殿場市からも富士山は見えますが、山梨県側から見た方が、形のバランスが良くて綺麗だと思います」。富士山は、山梨県と静岡県にまたがっていますが、その両県で生活した事のある堀野さんならではの視点で、富士山の魅力をお話しいただきました。
 秋はブドウ狩り、冬はスノーボード、また山梨県産のワインを嗜むなど山梨での暮らしを楽しんでいる堀野さん。「山梨は、まだまだ行った事のない場所も多いので、これからいろんな場所に出かけるのが楽しみです。本栖湖からの富士山を見た事がないので、ぜひ見に行きたいですね。」と楽しそうに話す堀野さん。今後もマリンスポーツを通じて山中湖の、そして山梨の魅力を多くの人に広めてくれる事でしょう。

(2013年6月取材)

ウェイクボードは19歳から始めました。

ウェイクボードは19歳から始めました。

 

気の合う仲間たちと、眺めのいい湖畔で働けるのは、山中湖ならでは。

気の合う仲間たちと、眺めのいい湖畔で働けるのは、山中湖ならでは。

 

堀野さんが勤めるハクタカマリンでは、自然に囲まれた中で、気軽にマリンスポーツを楽しむ事ができます。

堀野さんが勤めるハクタカマリンでは、自然に囲まれた中で、気軽にマリンスポーツを楽しむ事ができます。

 

山中湖畔沿いで目を引くハクタカマリンのボート。

山中湖畔沿いで目を引くハクタカマリンのボート。

 

夏涼しく過ごせる気候は、山中湖村の魅力の一つです。

夏涼しく過ごせる気候は、山中湖村の魅力の一つです。