富士山 富士五湖エリア

JoyFuL No.031

優しい人と豊かな自然に囲まれて

松本優子さん
プロフィール

忍野村忍草
松本優子さん(33)
康之さん(33) しゅうくん(5) こうくん(2)
千葉県柏市より移住

独身時代に忍野村を初めて訪れた時、村をぐるりと取り囲む自然の景観や、
忍野八海の澄んだ水の美しさに感激したという優子さん。「忍野はきれいなところだな。子育てをするならこういう環境がいいな」。そんな優子さんのほのかな願いはしばらくして叶えられることになります。

 地元沖縄の大学を卒業後、千葉県柏市で看護師として働いていた優子さん。大学病院に4年間勤めたものの都会での暮らしに疲れ、沖縄に帰ろうかと思っていた頃、忍野村を訪れる機会がありました。同郷であり、旧知の間柄でもあった今のご主人を訪ねてのこと、ご主人の康之さんは、優子さんと同じように故郷を離れ、忍野村で暮らしていました。
 「忍野八海を初めて見た時は、こんなにきれいな場所があるのかと衝撃を受けました。」と当時を振り返ります。忍野村は富士北麓に位置し、世界文化遺産の富士山や山中湖から流れる桂川の恵みの中、美味しいお米や新鮮な高原野菜が作られ、ハリモミ純林などの自然に囲まれた美しい環境にあります。忍野八海は豊富な湧き水で有名で、四季折々に変える景色は訪れた人に安らぎを与えてくれます。優子さんが特に心惹かれたのは、冬の忍野村の光景。沖縄や千葉での暮らしでは経験できなかった雪景色や、雪をまとった富士山の姿に魅了されたと言います。
 何度か忍野村を訪れる中で、やがて二人は結婚。優子さんは沖縄には帰らずに忍野村に移り住みました。今では二人の息子さんに恵まれ、忍野村の自然の中で子育てをしています。

分けてもらったカブトムシ、自然に親しむ子どもたち

 長男の柊(しゅう)くんは5歳、次男の昊(こう)くんはもうすぐ2歳、二人とも忍野の自然の中でのびのびと育っています。
 近くの果物屋さんで分けてもらったカブトムシとクワガタを、虫かごと呼ぶにはダイナミックすぎる大きなプラスチックケースに入れて飼っています。ケースの中に敷き詰めたおがくずから虫を掘り出して笑顔を見せる柊くんと昊くん、手の中で足をバタバタさせるカブトムシを興味深げに見つめています。物言わぬ小さな生き物を飼うという経験も、カブトムシを逃がしてしまって落ち込むという経験も、子どもたちの感受性を豊かに育てているようです。
 保健師として働き、仕事と家事を両立している優子さんを支えてくれているのは同じ職場の先輩方。子どもたちが体調を崩しやすい年頃であることや、親と離れて暮らしている優子さんの立場を理解してくれている子育ての先輩でもあります。「子どもがお母さんを必要としている時に傍にいてあげなさい。」と、子どもの病気で仕事を休むことを心苦しく思う優子さんを、優しい言葉で励ましてくれるそうです。

楽しくなってきた忍野村での暮らし

 昊くんを出産後、仕事に復帰してもうすぐ1年、現在フルタイムで勤務する優子さんは、保育園に通う子供たちと平日を一緒に過ごせない分、週末は家族で過ごす時間を大切にしています。自転車で近所を巡ったり、公園までドライブにいったり、松本さんご夫婦も童心に返って子どもたちと一緒に遊ぶ時間は、家族にとって大切なひととき。「これから子どもと過ごす時間を増やしていきたいですね。子どもたちに色々な経験をさせてあげたいし、私自身も時間が出来たら行ってみたかったところがたくさんあるんです」。子どもたちが大きくなってきたので、これからは色々なところに出かけたいという優子さん、まず遊びに行きたい場所は八ヶ岳だと、楽しいプランをお話し下さいました。
 優しい人に恵まれて充実しているという保健師のお仕事、自然の中でたくましく育っていく子供たち、楽しくなってきた忍野村での暮らしは優子さんの表情をきらきらと輝かせていました。

(2013年8月取材)

優子さんを惹きつけたという忍野八海の美しい湧水。青い空を写し澄み切っています。

優子さんを惹きつけたという忍野八海の美しい湧水。青い空を写し澄み切っています。

 

沖縄の果物やお菓子でおやつタイム。休日の松本家は楽しい笑い声で溢れています。

沖縄の果物やお菓子でおやつタイム。休日の松本家は楽しい笑い声で溢れています。

 

クワガタを手にキメ顔の柊くん。ダイナミックな虫かごからは大きなカブトムシやクワガタが続々登場。

クワガタを手にキメ顔の柊くん。ダイナミックな虫かごからは大きなカブトムシやクワガタが続々登場。

 

昊くんもカブトムシをわしづかみ。優子さんが引き気味の中、男子チームは楽しそう。立派なカブトムシをたくさん分けてもらえるのは自然豊かなこの場所ならでは。

昊くんもカブトムシをわしづかみ。優子さんが引き気味の中、男子チームは楽しそう。立派なカブトムシをたくさん分けてもらえるのは自然豊かなこの場所ならでは。

 

虫の図鑑を出してきて、康之さんに説明をせがむ柊くんと昊くん。平日は仕事で帰りが遅いという康之さん、休日は子どもと過ごす大切な時間。

虫の図鑑を出してきて、康之さんに説明をせがむ柊くんと昊くん。平日は仕事で帰りが遅いという康之さん、休日は子どもと過ごす大切な時間。

 

一歩外に出れば自然は目の前。木立に囲まれた公園で砂遊び。柊くんは富士山を製作中。昊くんは壊す専門のようです。

一歩外に出れば自然は目の前。木立に囲まれた公園で砂遊び。柊くんは富士山を製作中。昊くんは壊す専門のようです。