峡東 果樹王国エリア

JoyFuL No.045

故郷バンクーバーに重なった山梨の風景

ウィルフレッド・コペッチさん
プロフィール

笛吹市春日居町
ウィルフレッド・コペッチさん(42) 
知花ともかさん(39) 花ちゃん(6)
安土龍あんどりゅうくん(3)
カナダ/バンクーバー市より移住

カナダ人のウィルさんのお母様は日本人。日本への郷愁から来日し、
たまたま立ち寄った山梨の風景が故郷バンクーバーに重なり魅了されたことから、
山梨に移住を決意。甲府に4年、現在の笛吹市春日居町に14年暮らしています。

 カナダのバンクーバーで生まれ育ったウィルフレッド・コペッチさんは、お父様がドイツ人でお母様は山口県出身の日本人です。ご両親はカナダで知り合い結婚、3人の男の子を授かり、ウィルさんはその次男坊。ウィルさんは笛吹市春日居町に住み始めてから14年になります。奥様の知花さんと長女の花ちゃん、長男の安土龍くんの4人家族。日本に来たのは母親が生まれた国に興味があったからだそうで、当時カナダの大学生だったウィルさんは、東京のおじさんのもとを訪ねて来日。日本語習得を目的とし、3か月ほどで帰国するつもりでしたが、ある日、たまたま山梨県に遊びに来たウィルさんの心の中で何かが変化したと言います。東京から近いのに素晴らしく豊かな自然の風景に故郷のバンクーバーの風景が重なりあい強く魅了されたそうです。その後、いったん帰国しましたが、またもや日本に舞い戻り、東京に2年、甲府に4年、そして現在の春日居町に14年の通算20年と、これまでの人生の約半分を日本で過ごしています。「バンクーバーを思い出させる山々があった。」と山梨が気に入ったウィルさんが働き始めたのはSpeak Easy 外国語学校。奥様もかつて同校の生徒でしたが、アメリカのギルフォード大学へ留学し、帰国後Speak Easyの職員となったことから2人は知り合い、結婚へと至ったそうです。現在の職業は「Speak Easy外国語学校・春日居本校」の校長であり経営者でもあります。

豊かな自然と触れ合える
お気に入りスポットはすぐそこに

 お住まいはカナダ建材によるカナディアンハウス。ウィルさん手作りの自慢のデッキや木の小屋、古タイヤのブランコなど楽しい仕掛けがいっぱい。お父様が大工さんだった影響で昔から大工仕事が大得意だというウィルさん、家族が楽しく暮らせるようにと工夫を凝らしました。
 20年前、山梨の外国人コミュニティは1つだけだったそうです。現在では、外国人の数が増え、多様なコミュニティができていて人脈づくりをしやすくなったと言います。
 子供中心の生活なので、休日の過ごし方は近くの公園に行くこと。笛吹川フルーツ公園や森林公園 金川の森がお気に入りだそうです。「都会に暮らしていたら豊かな自然に触れようとしてわざわざお金と時間をかけて出かけますが、ここはそんな構えは全く必要がない。それと等価な体験がふらっと家の近くを散策するだけで得られるのだから。」と山梨での暮らしを評価していました。

(2013年6月取材)

リビングルームの広い出窓から太陽の光がいっぱい差し込みます。

リビングルームの広い出窓から太陽の光がいっぱい差し込みます。

 

家族が楽しく暮らすお気に入りのカナディアン・ハウス。

家族が楽しく暮らすお気に入りのカナディアン・ハウス。

 

2階の高い天井から見下ろすと気持ちいい空間が広がっています。

2階の高い天井から見下ろすと気持ちいい空間が広がっています。

 

家族みんなトランポリンが大好き。

家族みんなトランポリンが大好き。

 

安土龍くんのお城です。

安土龍くんのお城です。

 

お姫様ベッドに座る花ちゃん。

お姫様ベッドに座る花ちゃん。

 

壁一面の世界地図。カナダの場所を花ちゃんは正しく指さします。

壁一面の世界地図。カナダの場所を花ちゃんは正しく指さします。

 

「スピークイージー外国語学校・春日居本校」へようこそ!

「スピークイージー外国語学校・春日居本校」へようこそ!