峡東 果樹王国エリア

JoyFuL No.056

野草にまつわる知恵と文化を次の世代へ

鶴岡舞子さん
プロフィール

甲州市塩山
鶴岡舞子さん(29) 
東京都足立区より移住

22歳でいきなり山梨のディープな世界『無尽』に
飛び込んだ鶴岡さん。地域の方にお世話になりながら、
山梨の濃厚な人間関係を体験しています。

 「これは、ギシギシ。若芽は食用で根は昔は民間薬として使われていたんですよ。それは、スギナ。ツクシと同じ植物体で、恐竜時代からあって、その当時は10メートル以上の大きな植物だったんです。あれは、イラクサ。昔、この茎から繊維をとったんですよ」。鶴岡さんは、次々と野草を選りわけて見せてくれます。目の前に広がっているのは草の生い茂った広大な原っぱ。甲州市の塩ノ山の裏手にある耕作放棄地ですが、鶴岡さんいわく、「お宝の山にしか見えない」そうです。
 東京農業大学を卒業後、甲州市に移住して8年。現在の鶴岡さんの活動は、総務省による事業の「甲州市 地域おこし協力隊」として耕作放棄地の有効活用と野草研究会、それに移住者促進をめざして、移住者の移住者による移住者のための会、「いつもの会―畑結」のコミュニティ活動の主催など多岐にわたっています。
 甲州市との出会いは偶然。甲州市の大和自然学校の仕事に誘われたことがきっかけとなりました。そこで3年間、農業生産法人で1年半ほど勤めてから甲州地域おこし協力隊に。畑ではジャガイモやそばを作ったり、都市部の方々との交流イベントも開催します。「どういうわけか野草は移植しても上手く育たないんです。その場所のみにしか自生しない深いわけがあるんでしょうね」。鶴岡さんの目標は、野草研究家になることです。「昔の人たちは野草に対して深い知恵と知識をもっていたんですね。野草で民間療法を施したり、飢饉の際には食料にしたりして危機を乗り越えてきたんです」。野草のすばらしさをもっと掘り起して、広めていって、次の世代につなげる人になりたいと目を輝かせます。

土の匂いがする山梨の空気に包まれて

 20代のほぼ全てを甲州市で、“農の道”に邁進してきた鶴岡さん。移住してきた当初はハードな仕事にかかりきりで、同世代の友人を作る時間がありませんでした。「かわりに地域の年配の方たちが徹底的に可愛がってくれました。お裾わけや晩御飯をご馳走してくださったり」。現在は地域おこし協力隊などの活動を通じて知り合った同世代や後輩移住者、幅広い年齢の友人がたくさん出来て毎日が充実しているとのことです。
 地域の方の人付き合いは濃厚です。地元の知人に連れていってもらった先が、40歳から70歳の男性で構成されている『無尽』。『無尽』とは山梨県独特の習慣で、月1回程度、特定のメンバーで集まって食事や飲み会をしたり、グループ内でお金を積み立てて旅行に行ったりする集まりのこと。鶴岡さんは招かれた『無尽』で、お酌をし、ご馳走の恩恵に預かり、あっという間に馴染ませてもらったそうです。
 地域の方と交流する中で、桑の実は、昔は子どもたちのおやつだったという話を聞きました。自分も野草などの勉強をしながら、今の時代にあった商品が出来ないかと思い、移住者の先輩などからも知恵を借りながら桑の実ジャムや甲州素材の塩シリーズなどの商品開発をしています。「野草といってもそこら辺に生えているもの全てが使える訳ではないんです。農薬がかかっていないとか、ある程度の収穫量がなければ商品が作れないので、群生している場所を探したりとか。あと、野草にも旬があるんですよ。」と材料探しにもこだわりを見せています。
 建物を感じたくなくて、こだわり抜いて借りたアパートは四方をぶどう畑に囲まれて、眼前に南アルプスが広がる開放感抜群の風景です。緑と土に交わる毎日。たまに帰省するときに匂いの変化を敏感に感じると言います。「東京と山梨だと、前者は人間優位で、後者は自然優位。全く違う匂いを感じます。実家から高速道路で帰ってくるときも、笹子トンネルを抜けてフルーツ公園の灯りが見えだしたりすると、ほっとします。私には土の匂いがする山梨の空気が合っているんでしょうね」。人間が自然の一部であるという生活のあり方や生き方のすばらしさを実感すると語る鶴岡さんです。

(2013年6月取材)

耕作放棄地は、野草の宝庫です。

耕作放棄地は、野草の宝庫です。

 

野草のすばらしさを掘り起こして広めるのが夢だそうです。

野草のすばらしさを掘り起こして広めるのが夢だそうです。

 

さまざまな野草たち。

さまざまな野草たち。

 

保育園のメニューにもなった野草の特別給食。子どもたちはもりもり食べました。

保育園のメニューにもなった野草の特別給食。子どもたちはもりもり食べました。

 

大人気のはこべ塩とゆず塩とよもぎ茶。

大人気のはこべ塩とゆず塩とよもぎ茶。

 

濃厚な緑と土の匂いを感じることが出来る甲州市。

濃厚な緑と土の匂いを感じることが出来る甲州市。

 

アパートを囲むぶどう畑では、優しい色の甲州ぶどうが実っています。

アパートを囲むぶどう畑では、優しい色の甲州ぶどうが実っています。