八ヶ岳 名水の里エリア

JoyFuL No.007

人の輪をつなげる移動カフェ

細井雅也さん
プロフィール

韮崎市藤井町
細井雅也さん(39) 
陽子さん(35) 楓ちゃん(1)
兵庫県姫路市より移住

県内各地のイベントに出店する移動カフェ、
挽きたてハンドドリップで頂くコーヒー。
甲州弁を自在に操るオーナーの細井さんは、
山梨に来て21 年が経ちます。

 兵庫県姫路市で生まれ育ち、大学進学を機に山梨県に住むことになった細井さん、それまでは山梨県のことは県名と県庁所在地くらいしか知らなかったそうです。しかし山梨で大学生活を送るうちに仲間も増え、だんだんと居心地がよくなり、大学卒業後も姫路に戻らず山梨で就職する道を選びました。
 山梨に暮らして実に21 年、移動カフェを始めてから2 年、現在は朝市やお祭りなどのイベントに県内各地を走り回る毎日です。
 細井さんの考える山梨の良いところ、それは「知り合いの知り合いをたどって県内全域を網羅できるところ」です。県内各地のイベントに出向きお仕事をされている細井さんにとって、一番大切なのはお客さんや同業の方とのつながり。山梨県は小さなコミュニティだからこそ、人と人がつながりやすく、お互いが助け合える、そんなところに魅力を感じています。「イベントに出店するときも声を掛け合いますし、お互い足りないものがあれば助け合う、お客さんを楽しませるのにも、10 店あれば10 店みんなで楽しませられますよね。」人と人とがつながっているからできること、良いお客さんと良い仲間がいて、ちゃんと暮らしていける。山梨は人口は少ないけれど、お店をするには良い土地柄だと言います。

行き届いた支援で子育て環境抜群の韮崎市

 1 歳の娘さんを持つ父親である細井さん。お住まいになっている韮崎市は子育てサポートが充実しており、仕事に忙しい細井家の子育てをバックアップしてくれています。週末のイベントで奥様もお店に出るときは、市
の支援センターの一時あずかり制度を利用しているそうです。まだ1 歳の楓ちゃん、マンツーマンであずかってもらうことができるので、細井さんご夫婦も安心してお仕事に励むことができます。
 また韮崎市は公共施設、商業施設等がすべて駅周辺の徒歩圏内にあり、普段の生活においても大変暮らしやすいとのこと。「車社会の山梨でこの環境は貴重です。近場で全部済ませられるし、駅もインターも近くてとて
も便利です。いろいろな場所に出かけることが多いのでありがたいです」。誇らしげにわが町・韮崎自慢をお話しくださった細井さん、山梨県のことを何も知らなかった移住当初が嘘のように、しっかりとこの地に根差しています。

(2013 年7 月取材)

四季の花が咲くところ、移動カフェあり!季節を追いかけて出店できるのも移動カフェの強み。

四季の花が咲くところ、移動カフェあり!季節を追いかけて出店できるのも移動カフェの強み。

 

注文を受けてから挽く豆は、清里高原の澄んだ空気の中で焙煎されたスペシャルティコーヒー。

注文を受けてから挽く豆は、清里高原の澄んだ空気の中で焙煎されたスペシャルティコーヒー。

 

一杯一杯丁寧にハンドドリップ。その表情は真剣そのもの。

一杯一杯丁寧にハンドドリップ。その表情は真剣そのもの。

 

香り高いアイスコーヒー。すっきりと飲みやすく、お代わりしたくなるおいしさです。

香り高いアイスコーヒー。すっきりと飲みやすく、お代わりしたくなるおいしさです。

 

市街地にありながら自然も身近に感じられるお住まい。

市街地にありながら自然も身近に感じられるお住まい。