南アルプス 富士川エリア

JoyFuL No.073

南アルプス市から世界へ発信する夢空間

ブライアン・シェパードさん
プロフィール

南アルプス市小笠原
ブライアン・シェパードさん(41)
佳香さん(40) 蓮くん(9) 茉耶ちゃん(7)
アメリカ/アイオワ州より移住

自然の恵みである旬の野菜や果物をあたりまえにいただける
山梨での生活。そして優しく温かい人々。
言葉の壁を越えてブライアンさんを惹きつけた山梨の魅力。

 ブライアンさんは、山梨県の姉妹都市、アメリカのアイオワ州出身。15年前、JETプログラムでALT(英語補助教員)として山梨県に配属されました。JETプログラムは、日本政府主催の大規模な国際交流事業で、日本と他国の人々の相互理解を深めて、外国語教育を通して日本の国際化をめざすものです。
「山梨での生活は、なぜか自分が故郷にいるような気持ちにさせてくれました」。来日してすぐに市川三郷町の花火大会へ行き、大感激。「食べ物から何から無料提供で、特等席で花火が見えるように気を使ってくれました。人々は信じられないほど優しく温かかったです」。通い詰めた甲府市山宮のそば屋「新奥」のとりもつは最高。加えて店主のホスピタリティも天下一品。言葉が分からなくても心が通じ合うことを身をもって知ったといいます。「山梨の人は、あたりまえのように旬のものを食べています。しかもその贅沢さに気づいていないことがすごいです」。見事な果物や新鮮な野菜に驚きました。
 いったん帰国したものの山梨に舞い戻り、佳香さんと結婚。蓮くんと茉耶ちゃんの2人のお子さんに恵まれました。今、奥様と二人三脚で英会話スクール『アイトゥアイ』を経営し、生きた英語を教えています。併設された『カフェ・リンガフランカ』は、まるで日本ではないような異空間です。『リンガフランカ』とは、世界共通語のこと。世界中の人々が集い、コミュニケーションを育むラボラトリーにしたいという願いを込めました。南アルプス市発、世界へ発信する夢空間です。
 さらにブライアンさんは、英会話スクールとは別に、身延町の小学校で現在まで11年に渡り、ALTとして英語を教えています。「身延町のピュアな子どもたちや、先生方、地域の方に本当に良くしていただいて、こんなに長く続けられています」。周りの人のおかげで同じ仕事を続けていられると、ここでも人の温かさに感謝しています。

南アルプス市の雰囲気が
故郷アメリカを思い出させる

 ブライアンさんは自然愛好家で、子供の頃は家族でアイオワ州からコロラド州まで、車で8時間もかけて山を見に行ったことも。「山梨ではそんな必要はゼロ。大きな富士山が家の窓から見えますよ」。奥様の出身の甲州市ではなく南アルプス市に住居を決めたのは、富士山が見渡せる場所だったことはもちろん、広い道路に整った街区、公園も多く、壁が低くオープンな空間が多いところにアメリカの雰囲気があって、いいなと直感したからだそうです。「犬の散歩は朝晩の日課。近くをいろいろ歩くのも楽しいです。特に滝沢川沿いの桜並木は春になるとすごく美しいですよ」。
 時にはアメリカを懐かしく思うこともあるというブライアンさんから海外移住者の先輩としてのアドバイスをいただきました。「いきなり西洋のやり方、知識や情報を投げ込もうとせずに、まず日本の文化やあり方を受け入れて、深く理解して、それから時間をかけて自分の持つものを加えていってほしいです。日本に対して矛盾や不合理を感じたとしても、そこにはそうなっている理由があるのだから」。アメリカと日本の両方の文化を体験し、両者の長所短所を知っているブライアンさんの言葉は、説得力に満ちていました。

(2013年6月取材)

『アイトゥアイ』の外観。2階からは富士山が見えます。

『アイトゥアイ』の外観。2階からは富士山が見えます。

 

カフェ・リンガフランカは外国のような空間。

カフェ・リンガフランカは外国のような空間。

 

洋書を読みながら美味しい食事をいただきます。

洋書を読みながら美味しい食事をいただきます。

 

コルク掲示板には学びの情報がいっぱい。

コルク掲示板には学びの情報がいっぱい。

 

手作りのキャロット・ケーキに舌鼓。

手作りのキャロット・ケーキに舌鼓。

 

庭の遊具で子どもたちは元気に遊びます。

庭の遊具で子どもたちは元気に遊びます。

 

愛犬バスターは蓮くんと茉耶ちゃんが大好き。

愛犬バスターは蓮くんと茉耶ちゃんが大好き。