やまなし暮らし支援ガイド「ジョイフル」 JOYFUL

やまなし暮らし支援ガイド「ジョイフル」 JOYFUL page 11/36

電子ブックを開く

このページは やまなし暮らし支援ガイド「ジョイフル」 JOYFUL の電子ブックに掲載されている11ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
やまなし暮らし支援ガイド「ジョイフル」 JOYFUL

自然との関わりを通して、子どもたちの感性を豊かに名取裕子さん韮崎市穂坂町在住中学生の頃、部屋をリフォームしてくれた大工さんの技術に感化され、大工への道を選びました。アイコンアイコンアイコン山梨での生活の楽しさはお子さんたちの笑顔を見たら納得できます。日本でも数少ない女性大工として活躍する名取裕子さん。山梨に移住する前は、神奈川県の工務店に勤めていましたが、事業縮小により転職を余儀なくされ、いくつかあった候補の中から選んだのは山梨県の会社でした。以前からスキーや実家の新潟県に帰省する時に幾度となく立ち寄ったことがあアイコンり、空気がきれいで緑があふれ、故郷の新潟に似た安心感のある山梨に行きたいと考えたからだそうです。自然の恩恵を実感できるのが山梨のいい所裕子さんは、富士山や八ヶ岳など他県では見ることのできない山梨の風景に魅せられたと言います。「山梨は四方を美しい山々に囲まれて、毎日眺めても飽きません。自宅から見える山は、北は八ヶ岳、南は富士山、東は茅ヶ岳…。挙げだしたらきりがありませんね子(育笑て)。」と話す裕子さん。山にはそれぞれに表情があり、その表情も四季により様変わりします。日本を代表する山々に囲まれた山梨のロケーションは、他県から移住してきた裕子さんにとって、特別な思いがあるように感じました。子どもが生まれてからは、毎日一緒に家のまわりを散歩するようになったという裕農業子さん。「見た事もない珍しい虫が飛んでいたり、木が不思議な形をしていたり、きれいな苔が生えていたり、毎日発見の連続です。ゆったりとした気持ちで自然を満子育て喫しながら散歩できるのは幸せなことだと思いました」。見落としがちな小さな自然を、歩く事によって気づくようになったそうです。ネイチャー(自然に関わる仕事、趣味)自分と同じように自然の中の環境で子育て農業子どもたちにも育ってほしい自然の中で芸の術子育てについては「風の流れや、木の呼吸、自然の色合いなど、自然を感じてそこから発想を広げることができるので、子どもたちは感性が豊かになると思農い業ネイチャー(自然に関わる仕事、趣味)ます。このような環境の中で子育てをできるのが、山梨の良い所だと思います。」と話す裕子さん。ご自身も新潟の自然の中でのびのびと育ちましたが、文化、教養わが子にも同じように、自然の恩恵を受けながら感性豊かに育ってほしい、とお話しいただきました。ネイチャー(芸術自然に関わる仕事、趣味)かいと名取裕子さん(41)、保さん(43)、魁人くん(12)、りんちゃん(8)、あすみちゃん(6)移住前のご住所:神奈川県横浜市〔名取裕子さんのFacebook〕https://www.facebook.com/yuko.natori.90伝統工芸・特産品アイコン子農ネ芸文伝モ地二穴山町で自分の工房を持つ夢を叶えるきみのり阿部公則さん韮崎市穴アイコン山町在住群馬県で木工作家をしていた阿部さんは、自分の工房を持つ夢を叶えるために、韮崎市穴山町へ移住されました。「作品は主に椅子を作っています。一点一点作っていくと次の作品への改良点が見えてくる。それだけのめり込める要素が椅子にはあります。作品を作ったら、個展を開くというスタイルをとっていますが、山梨でも個展をやりたいですね。」と阿部さんは言います。いずれは作品の材料も山梨県産の広葉樹を使いたいという希望も持ちながら、阿部さんは山梨で家具作りに勤しんでいます。そう阿部公則さん(44)、わかなさん(41)、さくらちゃん(8)、奏くん(6)、岳史くん(3)移住前のご住所:群馬県高崎市芸術一目惚れした甲斐駒ヶ岳と共に暮らしたい文化、教養やすひこ小山田裕彦さん、裕子さん北杜市武川町在住子育てモノづくりまだ雪が残る甲斐駒ヶ岳と鳳凰三山の景色文化、教伝養統工芸・特産品に感動を覚え、「甲斐駒ヶ岳が見える場所に住みたい」という思いを抱いていた小山田さん農業地域おこしご夫婦は、その希望を叶え、北杜市武川町へ移住伝さ統れ工まモノし芸・た特づ。「産く神り品奈川に住む娘がよく遊びに来てくれますが、『神奈川と山梨のどちらかで老ネイチャー(後を暮二ら地す域ん自だ然っにた関らわ、る山仕梨事の、方趣が味良)い暮らしだよね。』と言ってくれています。」と教えてモノくだづさく地いりま域しおたこ。し一目惚れした甲斐駒ケ岳の麓で、お互い元気に歳を重ねながら暮らした芸い術といショップう思いを抱いて、これからも小山田さんご夫婦の時間は流れます。小山田裕彦さん(60)、裕子さん(55)移住前のご住所:神奈川県相模原市地域お二こし地域シ外古憧れの山梨で営むハーブに囲まれたカフェ村岡扶美子さん北杜市長坂町居住母親の実家が北杜市にあり、幼少の頃から毎年夏を山梨で過ごしていた村岡さん。山梨の自然の豊かさに憧れ、いつか山梨でも生活できたらという夢を持っていました。現在は東京と山梨との間で二地域居住をされ、ハーブを使用したメニューを提供するカフェ&雑貨『tea tree』を営んでいます。お店の庭で無農薬栽培したハーブを、様々な工夫をしながら提供されています。「東京でハーブを扱うお店は沢山あっても、栽培したハーブをすぐにフレッシュのまま提供できるのは自然豊かな山梨だから可能なことですね。」と魅力を語って頂きました。村岡扶美子さん(53)、お子様2人県外のご住所:東京都北区〔カフェ&雑貨tea tree〕http://teatree.ocnk.net/文化、教外養国人二地域ショップ伝統工古芸民・特家産品ショップ外国人モノづくり外国人古民家地域おこし古民家二地域明野のひまわりと甲斐駒ケ岳11