やまなし暮らし支援ガイド「ジョイフル」 JOYFUL

やまなし暮らし支援ガイド「ジョイフル」 JOYFUL page 18/36

電子ブックを開く

このページは やまなし暮らし支援ガイド「ジョイフル」 JOYFUL の電子ブックに掲載されている18ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
やまなし暮らし支援ガイド「ジョイフル」 JOYFUL

アイコンお笑い芸で地域を盛り上げ、山梨を日本一の県にしたいお笑い芸人ぴっかり高木さん大阪出身のぴっかり高木さんにとって、山梨はどこにあるのか、何があるのかも知らない遠い場所。そんな山梨で暮らすきっかけになったのは2011年に吉本興業が企画した『あなたの街に住みますプロジェクト』でした。山梨に活動の拠点を移す事が決まり、山梨の事を調べてみると「東京の隣で仕事があればすぐに行ける。自然が豊かでフルーツがたくさんあるし、富士山もある!」そう思い、次第にこれから始まる山梨での暮らしに、期待が膨らんできたそうです。山梨は、人と人の心の距離を近く感じる事ができます山梨に移住して2年経った今、ぴっかりさんは山梨の良さを『人の優しさ』と考えるようになったと言います。「東京では周りに人が大勢いますが、人との関わりは薄く温かさを感じることはありませんでした。山梨の人は、一度仲間になると家族のように接してくれます。料理ができないと言うと、家にご飯を食べに来なよと誘ってくれたり、野菜や梅干しを差し入れてくれる事も沢山ありました。都会に比べて、家と家は離れていますが、人と人との心の距離は近く感じます。一軒家にひとりで住んでいますが、いつも地域の方たちと気持ちが繋がっているので寂しくありませんよ」。親切に身の回りの世話をしてくれたり、陽気なノリで接してくれる甲州市の人たちの雰囲気は、故郷の大阪に似ていて懐かしいとぴっかりさんは言います。『笑い』で地域に恩返しをぴっかりさんといしいさんは、移住当初からイベントを手伝ったり、地域の行事に参加して、少しずつ顔と名前を覚えてもらい、徐々に溶け込んでいきました。そんな二人を気にかけて、地域の方たちは温かい手を差し伸べてくれ、仕事をいただく機会が増えたと言います。「これからは新ネタにも取り組み、お笑い芸人としての腕をさらに磨きたいと思います。『ぴっかり高木といしいそうたろう』が全国に知られるようになったら、僕たちが山梨の良さを県外にもどんどんアピールして、いつかは『山梨発!!ぴっかり高木といしいそうたろう』と呼ばれるようになり、山梨をさらに盛り上げていきたいと思います。それが、僕たちに良くしてくださった山梨の方々への、一番の恩返しだと思います」。山梨への思いや、地域の人たちへの感謝の気持ちを大切にする、ぴっかりさんらしい人柄を垣間見ることができました。後日、撮影の為、ぴっかりさんといしいさんご家族と一緒に、富士川町の『あじさい祭り』に行きました。すれ違う人から声援を送られたり、握手を求められ丁寧に応じるぴっかりさんといしいさん。ぴっかりさんと握手を交わしたご年配の女性に、一緒にいたお孫さんが「よかったね!」と声をかけていました。2011年の春、どこにあるのかもわからず、知り合いもいない山梨に来て、無名ともいえる存在でしたが、2年が経った今、地域に溶け込み、見知らぬ多くの人が『知り合い』と思ってくれる存在となった、ぴっかり高木さん。これからも、山梨を盛り上げるためにお笑い芸を通して、地域に密着した活動を続けます。18バイクや軽トラを使って仕事に行きます。ぴっかりさん、ヘルメットが似合いすぎです。ぴっかり高木さんPikkari Takagi1973年、大阪府生まれ。2009年12月より「ぴっかり高木といしいそうたろう」というコンビで活動中。2011年、吉本興業の「あなたの街に住みますプロジェクト」によって山梨に移住。2013年2月から甲州市に住み、地域に密着した芸能活動を行っている。公式ブログhttp://pikkari.laff.jp/