やまなし暮らし支援ガイド「ジョイフル」 JOYFUL

やまなし暮らし支援ガイド「ジョイフル」 JOYFUL page 19/36

電子ブックを開く

このページは やまなし暮らし支援ガイド「ジョイフル」 JOYFUL の電子ブックに掲載されている19ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
やまなし暮らし支援ガイド「ジョイフル」 JOYFUL

ネイチャー(二地域自然に関わる仕事、趣味)アイコンネ故郷バンクーバーに重なった山梨の風景ウィルフレッド・コペッチさんカナダ人のウィルさんのお母様は日本アイコン人。日本への郷愁から来日し、たまたま立ち寄った山梨の風景をカナダ・バンクーバーの景色と重ね合わせ、山梨に移住を決意。甲府に4年、現在の笛吹市春日居町に14年暮らしています。ご家族は奥様とお子さん2人の4人家族。お住まいはカナダ建材によるカナディアンハウス。ウィルさん手作りの自慢のデッキや木の小屋、古タイヤのブランコなど楽しい仕掛けがいっぱい。ご職業は外国語学校の校長であり経営者でもあります。10数年前、山梨の外国人コミュニティは1つだけだったそうですが、現在では外国人の数が増え、多様なコミュニティができて人脈づくりもしやすくなったと言います。休日の過ごし方は家族と近くの公園に行くこと。「都会に暮らしていたら豊かな自然に触れようとしてわざわざお金と時間をかけて出かけますが、ここはそんな構えは全く必要がない。それと等価な体験がふらっと家の近くを散策するだけで得られるのだから。」と山梨での暮らしを評価していました。家族が楽しく暮らすお気に入りのカナディアン・ハウス。ここにあるものを大切にゆっくり暮らす網野奈なな那さん甲州市塩山在住四季がはっきりと感じられる山梨の風土をとても気に入っているという網野さん。きれいな空気と水、四季折々の恵み、もともとここにあるものを大切に暮らしていきたいと話します。網野さんは造形作家としてステンドグラスの技法を使ったランプなどを創作しています。「ここにはランプの光に癒された、元気が出たと言ってくれる人がいます。疲れている人はゆとりを持って生きてほしいですし、その助けになりアイコンたいですね。」自然があふれ、都会にも近いこの地は創作活動にはぴったりと胸を張ります。網野奈那さん(53)、隆明さん(57)移住前のご住所:東京都板橋区〔網野奈那オフィシャルサイト〕http://www.atelier-n2.com/芦川は人が本来住むべきところ安田賢さんアイコンアイコン笛吹市芦川町在住笛吹市春日居町在住リビングルームの広い出窓から太陽の光がいっぱい差し込みます。ともウィルフレッド・コペッチさん( 4 2 )、知花かあんさん( 3 9 )、花ちゃん( 6 )、安移住前のご住所:カナダ/バンクーバー市〔SpeakEasy〕http://www.speakeasy.comlink.ne.jp/土ど山梨市牧丘の地に、山賊あり網倉勇太さん山梨市牧丘町在住子育て文化、教養山梨市牧丘というとブドウの王様『巨峰』の産地で有名ですが、この地に移住し、巨峰を文芸術栽培する網倉さん。「高校の時にC . W .ニコルにネイチ農業伝統工古芸・民特家産品憧れて、彼みたいな生活がしたいと思いました」。そんなきっかけもあり、長野県への移住を試み伝ましたが、父親の出身地である山梨の魅力に気文化、教養づき移住されました。現在は山梨市のNPO法人『山梨ガバメント協会』の若手が集まり『山賊』ネイチャー(モノづ自く然りに関わる仕事、趣味)というグループを立ち上げ、町おこしや自然と共存する生活を提案する活動をされています。芸術シモ文化、教子育て伝統工芸・特産品網倉勇太さん(36)、涼子さん(38)移住前のご住所:神奈川県横浜市芸術〔果地樹域園おJEANこしFARM〕http://www.jean-farm.com/地アイコン都会の人にも田舎の良さを広めたい磯田功さん甲州市塩山居住二地域居住歴20年の磯田さん。「木工制作がネイチャー(地域お自こ然しに関わる仕事、趣味)大好きで、周りを気にせずに思いっきり作れる場伝統所工ショップは芸な・い特か産と品思ったのがきっかけでした。初めて甲州市を訪れた時に、静かで落ち着いた田舎の雰囲気があり、ぜひ住んでみたいと思いました」。子育て芸術二地域3年前から『Jizai Farm & Craft』を運営し、モノづ外くり国人農業体験やワークショップを通じて、農作物を育てて収穫し、味わうといった人間本来の行為農業の大文切化さ、教ショップ自養然の素材を生かして工芸作品を生み出す楽しさの情報発信をしています。地域お古こし民家芸術農業文化、教二養地域農業モノづ古くり民家地元や世界に愛されるワインを目指して鈴木剛さん、順子さん山梨市北在住剛さんは山梨大学への入学を機に山梨へ移住しました。大学では山梨のワインの文化、教地養域おこし美味しさに魅せられ、発酵化学について外国人研究し、卒業後に甲州市にある中央葡萄酒に就職し、ワインの醸造をしていました。移住前からワインが好きだったと言う順子伝統工二芸・地特域産品さんも中央葡萄酒に就職し、栽培スタッ古民フ家をしていましたが、同じワイナリーで働く剛さんと出会い、結婚されました。子育てその後、「いつかは自分たちのワインを造りたい」と夢見ていた鈴木さんご夫婦。山梨市で40年に渡って地域の方々に親しまれていた旭洋酒有限会社を引モノきづ継ショップくぎり、地元にも世界にも愛されるワイン造りを目指しています。「この周りでは昔から一升瓶ワインがよく飲まれていて、農家の方が変わらずに買いに来てくれ農業ます。そういう方から『今年のはうまいね。』って言っていただけるのはこの上ない喜びですね。」と笑みを浮かべて剛さんは話します。「自分たちはワインが好地域きお外だこかし国人ら山梨にいる」と言う鈴木さんご夫婦。これからも山梨でワイン造りをしながら、歳ネイチャー(を重ねること自を然楽にし関みわにるされ仕て事い、趣まし味た)。安田さんは兵庫県西宮市の山育ち。昔から自然二地域古民家と親しむことが大好きで、高校を卒業し、就職のため上京後も、仕事が終わった後には自然を求めて、芸術奥多摩などに出かけていたそうです。そんな生活の中、自然豊かな田舎に住みたいと思い、縁あってショップ山梨へ移住。現在は笛吹市芦川町に住み、山梨で文化、教養運命的に出会ったクライミングジムの店長をしています。「芦川には自然から得られるものは全てあります。山梨で昔から栽培されるぶどう『甲州』フランスを原産国とするぶどう『シラー』。動物的に考えて、人が本来住むべきところだと思い外国人を使ったワイン。ワイン雑誌の表紙も飾っ成長の様子を丁寧に確認する栽培担当のますね。」と安田さんから教えていただきました。た銘柄です。順子さん。伝統工芸・特産品アイコンネイチャー(自然に関わる仕事、趣味)モノづくりりゅう龍くん( 3 )磯田功さん(63)、美江子さん(62)県外のご住所:神奈川県茅ヶ崎市〔Jizai Farm&Craft〕http://www.jizai.me/ネイチャー(伝統工外自芸然・国に特人関産わ品る仕事、趣味)アイコン二地域ショップ芸術ショップ外国人子育て農業伝統工モノづ地域お二地域芸二シ外古ショップ子外国人農古民家ネ芸文伝モ地二安田賢さん(44)、馨さん(45)、お子様3人移住前のご住所:東京都葛飾区〔クライミングジムピラニア〕http://www.pirania.jp/鈴木剛さん(41)、順子さん(43)移住前のご住所:剛さん:静岡県藤枝市順子さん:東京都江東区〔旭洋酒有限会社〕http://www5e.biglobe.ne.jp/19~古民家soleilwn/モノづくりシ