やまなし暮らし支援ガイド「ジョイフル」 JOYFUL

やまなし暮らし支援ガイド「ジョイフル」 JOYFUL page 30/36

電子ブックを開く

このページは やまなし暮らし支援ガイド「ジョイフル」 JOYFUL の電子ブックに掲載されている30ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
やまなし暮らし支援ガイド「ジョイフル」 JOYFUL

農業愛車BMW Z3で猿橋の峡谷を走る爽快感は格別です。アイコン家族と苦楽をともにしてきた愛犬ピーチ。宮咲礼一さん( 3 7 )県外のご住所:東京都世田谷区〔株式会社SPRING〕http://aq-sp.com/猿橋の雄大な峡谷には、ネイチャー(自然に関わる仕事、趣味)アイコンオープンカーBMW Z3がよく似合う宮咲礼一さん大月市猿橋町居住宮咲さんは東京都世田谷区と、芸大術月市との二地域居住を始めて4年目。観賞魚を上から鮮明に見ることができるユニークなテーブル型インテリア水槽を開発して、海外まで販路を拡大中です。東京では特許管理や営業を、大月の工場では水槽の製造を行い、週の半分ずつを両地域で過ごしています。「大月は車で都心から1時間足らず。畑作りを楽しむ両親との同居をしながら、自然に囲文化、教養まれてリフレッシュすることができます。大きな工場の確保もできましたし大月は最高です。」とご満悦。近くにある日本三奇橋のひとつ『猿橋』について、秘密のスポットは橋の下にあると教えてくれました。カヌー下りをした時に見上げたら、切り立った崖と猿橋と、紺碧の空が広がる絶景があったそうです。「田舎暮らしの魅力伝は、統薄工霧芸・に特包産ま品れた山々を望みながら出勤ドライブが楽しめることですね」。以前は愛車でサーキットを走っていた宮咲さん。今は雄大な桂川峡谷を背景に颯爽と愛車で走り抜けます。霊峰富士や昇仙峡モノのまづくわりりを魚たちが遊泳する風景を作りたい小さい頃からモノ作りが大好きだった宮咲さん。基礎工事から手がけた納屋も、愛犬ピーチのソーラーパネル付き犬小屋もお手製で地す域。おそこんしな宮咲さんが開発したインテリア水槽「バーズアイ」の誕生は偶然の閃きからでした。中学生の時に熱帯魚を飼い始め、自宅で作った水槽が増えすぎて置き場所に困っていたところ、たまたま部屋のまん中にあったガラステーブルの下に置いてみたらアイデアが閃いたそうです。頭の中には常に新しいアイデアが湧いてくるそうで、山梨子を育ドライブて二地域しながらも昇仙峡の岩がゴツゴツした中に木がちょこっと生えている感じがいいと閃き、現在水槽内に空や森の中を魚が泳いでアイコンいる風景のレイアウトを開発中だそうです。「霊峰富士や昇仙峡のまわりを魚たちが農泳業ショップぐ風景を想像してみてください」。山梨の風景を水槽に描き出すロマンを語りながら、香港やニューヨーク、ヨーロッパへの展示の工夫に頭を水と魚と光と影が交わった時に想像もでき巡らす宮咲さん。生来のモノ作り魂がきらりと光ります。ネイチャー(外国人自然に関わる仕事、趣な味い)美しい水中の世界が生まれます。映像作家の矢野伴親さんは、上野原市秋山にある築150年の古民家に住み、本来の職を持つ傍ら自給的な農業を生活に取り入れた『半農半X』というライフスタイルを送っています。8年前に、古民家で昔ながらの生活をしている人の姿に惹かれたのが、田舎暮らしをするきっかけでした。「東京に住んでいた頃は、生活の基盤がお金であり、そのために忙しく働かなければならず、時間に余裕がありませんでした。山梨に来てからは、昔の人たちのように自給自足の生活が基盤となっているので、お金ありきではなく、時間に余裕を持つことができるようになりました」。自由になる時間が増えた事で、知り合いの畑仕事を手伝ったり、ボランティアで地域のお祭りの運営をしたりと、心の豊かさを得る事ができたと言います。「東京から1時間の近さで、豊かな自然に囲まれた場所は、他にはないと思います。今まで居心地の良い場所を探しに、いろんな所に旅に行きましたが、その答えがこの場所だと思います」。長い間の探し物を上野原市秋山で見つける事ができました。30古民家で昔の生活様式を学ぶともちか矢野伴親さん上野原市秋山在住自給自足を行う事で、人間本来の生活のあり方を学ぶ事ができます。矢野伴親さん( 3 6 )移住前のご住所:神奈川県相模原市〔Stellar Folk Arts〕http://www.stellarfolkarts.com/ロックバンドのライブ映像制作や、震災直後は東北地方で報道に携わるなど、多岐に渡る活動をしています。芸術古民家道志で見つけた都会とは違う本当の価値山本和之さん道志村上アイコン中山在住豊かさの象徴であるお金よりも、自然や環境などの価値の大きさに気づき、道志村へ移住した山本文さ化ん。、教移養住後は、山梨の果物を使ったジャムや村の特産品であるクレソンを入れた味噌だれを製造しています。「味噌だれにも使っている山椒などの作物は都会の人からしてみれば贅沢品ですよね。伝そ統うい工う芸も・特の産がお品金をかけなくても、手に入ってしまう。田舎に住む大きな利点です」。休日には村の棚田を使った自然の遊び場作りに参加し、家族5人で道志村での生活を満喫しています。モノづくり山本和之さん( 3 5 )、エリさん( 3 9 )、高之朗くん( 7 )、晟之朗くん( 5 )、桜之朗くん( 3 )移住前のご住所:神奈川県横浜市〔手仕事工房〕http://www.rakuten.co.jp/teshigoto/地域おこし小さな村で送る『オイシイ生活』やなぎさわこうしろうじょうしろう栁澤久智さん小菅村東部在住小二菅地村域役場の職員として忙しい毎日を送る栁澤さんが東京都から小菅村に移住を決意したのは「人の役に立つ仕事がしたい」という気持ちからでした。「とにかく若い人が少ないから出番が多いです。野良犬を捕まえたり、ゲートボール大ショップ会の手伝いをしたり。」村の生活に密接に関わり、人の役に立っている事を実感していると言います。地域の人に頼られ、時には助けられ、驚きと喜びが満載の毎日を「オイシイ外国人生活」と称す栁澤さん、これからも地域密着で村のために走り続けます。栁澤久智さん( 3 1 )移住前のご住所:東京都中央区〔小古菅民村ホームページ〕http://www.vill.kosuge.yamanashi.jp/家おうしろう子農ネ芸文伝モ地二