やまなし暮らし支援ガイド「ジョイフル」 JOYFUL

やまなし暮らし支援ガイド「ジョイフル」 JOYFUL page 7/36

電子ブックを開く

このページは やまなし暮らし支援ガイド「ジョイフル」 JOYFUL の電子ブックに掲載されている7ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
やまなし暮らし支援ガイド「ジョイフル」 JOYFUL

ゆっくりと時間が流れる八ヶ岳で歌を口ずさむ小野リサさん。懐かしさを感じる美しい景色に魅せられて「山がすごく美しくて、空気がカラッとしていて、どこかブラジルに似ているんです。懐かしさを感じますね」。10歳まで家族でブラジルで暮らしていたリサさん。15年ほど前、ご両親が田舎でのんびりと暮らしたいと選んだ八ヶ岳の地を初めて訪れた時、それは懐かしいブラジルの景色と重なりました。以来、八ヶ岳の地はリサさんにとってホッとする癒しの地。何をするでもなく、ただのんびりとしたひとときを過ごしたり、冬はスキー、夏には山登りやハイキング、バーベキューを楽しんだりと、たびたび訪れてはリラックスした時間を過ごしています。「ここに来ると本当にのびのびできます。時間の流れがゆっくりとしているんですよね。東京ではどうしても毎日慌ただしく暮らしてしまうんですが、ここでは生活のスタイルもリズムも全然違うので、そのメリハリがうれしいですね。でもここにずっといると、社会に復帰できなくなっちゃいそう。」とはにかんだ笑顔を見せます。心地よい余韻を感じながら家路へ取材をさせていただいたこの日も、カラリとした気持ちいい青空。心地いい風が通り抜けていく木陰で写真撮影をしていると、ふと優しい歌声が聴こえてきました。リサさんが口ずさむナチュラルな歌声は、撮影していた空間をふんわりと包み込み、さらに心地いい優しい時間を創りだします。「この地にいるとすごくリラックスするので、余分な力が抜けて、歌もギターもリラックスした音がでるんですよ」。風に揺れる木々を愛おしそうにみつめながら、楽しそうに話します。毎年夏には、八ヶ岳でコンサートも開催しています。「自然あふれる八ヶ岳の地で行うコンサートは、私もお客さまもリラックスしているので、心地いい一体感を感じますね。それに来てくださった方からよく聞くんですが、混み合った電車に乗ることなく、星空を眺めて余韻にひたりながら家路につくことができるので、その心地いい余韻のまま眠りにつけるんですって。」そう語るリサさんは、まるでコンサートの心地よさを思い出したかのように幸せそうな表情を浮かべます。2011年10月に発売した通算26作目のアルバム『Japao』(ジャポン)の録音は、八ヶ岳で行われました。「これまでレコーディングはブラジルや都内のスタジオばかりで、八ヶ岳で行ったのは初めて。リラックスした感じでできましたよ」。このアルバムは、いつもとはまた違う心地よさを感じさせてくれます。同じく2013年6月発売の『Japao 2』(ジャポンドイス)には八ヶ岳で作詞をしたものもあるそうです。八ヶ岳の自然のなかで素敵な作品が生まれています。気軽に楽しめる野外フェスティバルを「ここ八ヶ岳で、ふらっと来て楽しめるような野外フェスティバルをしたいなって思っています。八ヶ岳の自然とともに音楽を楽しみ、癒されるひとときになるような、リラックスした気軽なフェスティバルができたらうれしいです」。澄み渡った青空の下、鳥のさえずりや風に揺れる葉の音とともに聴こえてくる、ささやくような優しい歌声とリズミカルなギター。八ヶ岳の地とリサさんが紡ぎだす音楽は、きっとたくさんの人に優しく穏やかなひとときをもたらしてくれるでしょう。「山梨の魅力はリラッックスできるところ。この雰囲気はいつまでも変わらないでいてほしいです。」『Japao』(ジャポン)リサさんが八ヶ岳で初めてレコーディングした作品。J-POPをカバーしたこのアルバムは、日本語で歌うことがほとんどないリサさんの全曲日本語のアルバムです。『Japao 2』(ジャポンドイス)八ヶ岳で作詞した曲もあり、自然を感じるやさしい作品になりました。「世界の音楽の旅」の終着点として選んだテーマは「日本」。こちらもJ-POPをカバーしたアルバムです。小野リサさんLisa Onoブラジル・サンパウロ生まれ。10歳までの幼少時代をブラジルで過ごし、15歳からギターを弾きながら歌い始める。1989年CDデビュー。ナチュラルな歌声、リズミカルなギター、チャーミングな笑顔で瞬く間にボサノヴァを日本中に広める。アントニオ・カルロス・ジョビンやジャズ・サンバの巨匠ジョアン・ドナードら著名なアーティストとの共演や、ニューヨークやブラジル、アジアなどでの海外公演も積極的に行っている。1999年に発表したアルバム「DREAM」が20万枚を超えるヒットを記録。以降、日本におけるボサノヴァの第一人者としてその地位を不動のものとしている。公式ホームページhttp://www.onolisa.com/〈撮影協力〉北杜市アイリッシュパブ「ブル&ベア」http://www.pub-bullbear.com/7