やまなし暮らし支援ガイド「ジョイフル」 JOYFUL

やまなし暮らし支援ガイド「ジョイフル」 JOYFUL page 9/36

電子ブックを開く

このページは やまなし暮らし支援ガイド「ジョイフル」 JOYFUL の電子ブックに掲載されている9ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
やまなし暮らし支援ガイド「ジョイフル」 JOYFUL

人の輪をつなげる移動カフェアイコン細井雅也さん韮崎市藤井町在住細井さんの考える山梨の良いところ、それは「知り合いの知り合いをたどって県内全域を網羅できるところ」です。移動カフェで県内各地のイベントに出向きお仕事をされている細井さんにとって、一番大切なのはお客さんや同業の方とのつながり。山梨県は小さなコミュニティだからこそ、人と人がつながりやすく、お互いが助け合える、そんなところに魅力をアイコン感じています。細井さんの移動カフェは今日もどこかで人の輪をつなげています。細井雅也さん(39)、陽子さん(35)、楓ちゃん(1)移住前のご住所:兵庫県姫路市〔A.G.Cafeのfacebook〕https://www.facebook.com/A.G.Cafe2010自然の素晴らしさを一緒に味わいたい竹内時男さん北杜市高根町在住八ヶ岳南麓で奥様と共にペンションを営んでいる竹内さん。ご自身が自然の中で暮らしたかったこと、またその素晴らしさを多くの人に味わってもらいたいと思ったことから、移住を決意し、自然ガイドとペンション経営をすることにしました。富士山と南アルプスが見渡せる絶好の眺望のペンションをオープンして6年が経ちます。「八ヶ岳の豊かな自然や生き物、お客様とのふれあいは面白いですよ。」アイコン八ヶ岳の自然はこれからも竹内さんを惹きつけて離さないことでしょう。竹内時男さん(58)、洋子さん(60)移住前のご住所:神奈川県小田原市〔ペンション八ヶ岳自然ヒュッテ〕http://homepage3.nifty.com/ysh/アイコン自然から人、人から自然へ循環する暮らし四井真治さん北杜アイコン市長坂町在住二地域理想のライフスタイルを楽しめる明野町子育てショップこく國府ふ田だ昌生さん北杜市明野町居住「山梨は自分の時間を楽しむ場」と言う國府田さんは千葉県流山市と北杜市明野町で二地農域業外国人居住されています。明野町には、國府田さんがセルフビルドで建てた2階建てのフルログハウスと庭一面に広がる花畑があり、まるで楽園のようです。「敷地が広くて、山々ネイチャー(古民家の眺めも良い自。然標に高関もわ1,000mる仕事、を趣越味え)てないので、バラを育てる上でも良い条件です。傾斜子が育あてるのも、花を眺める時に動きがあって良いですね」。奥様の春美さんが趣味のガーデニングを楽しむのに理想的な土地を見つけました。芸術「山梨には都会の生活にない楽しみがありますし、気分転換に来るだけでも良いものがあります。明日からまた頑張ろうという気にもなり、生活にハリが出ますね。」と農國業府田さんは言います。花の香りが漂うテラスでコーヒーを飲みながら、山々の景色を見る楽しみ。冬の寒い時期には、薪ストーブを焚いて暖ま文化、教養りながら、家族団らんする楽しみ。山梨で充実した生活を送る國府田さんのライフスタイルには、都会の生活では体験できない楽しみがあるように感じました。ネイチャー(自然に関わる仕事、趣味)伝統工芸・特産品芸術モノづくり文化、教養地域おこし明野町で理子想育としていたライフスタ國府田さんアイコンがセルフビルドで建てたログハウス。イルを実現した國府田さんご家族。伝統工芸・特産品國府田昌生さん(61)、春美さん(58)、秋奈さん(29)県外のご住所:千葉県流山市〔Pappa二地域Talo ?奮闘!!ログハウス建設日記?〕http://ameblo.jp/pappatalo/子育て農業モノづくりスキーと人との架け橋になりたいショップ子育て農業ネイチャー(自然に関わる仕事、趣味)アイコンアイコン長嶋佐織さん北杜市大泉町在住伝モ地二シ外古子農ネ北杜市長坂町へ移住した四井さんは、パーマカルチャーデザイナーとしてご活躍されています。『パーマカルチャー』とは、人間にとって恒久的持続可能な環境を作り出すためのデザイン体系です。つまりはその土地の持つ風土や文化に沿って、人を含めた生態系を考え、暮らしを設計すること。四井さんはパーマカルチャーのひとつの例として、キッチンの排水を処理して自然へ戻す仕組みを見せてくださいました。人間が生活の中で出すマイナスを、植物や動物などの特徴を活かしプラスに変え、結果的に±0の状態で自然に還すことができる。こういった関係を生み出せるところに本来のエコロジーや豊かさが見えてくるように感じます。「東京に近いので、仕事があってもすぐに行けます。それに空気も水もきれいで、野菜や果物も美味しい。もちろん景色も素晴らしいですね。山梨は自然豊かだから、理想的なパーマカルチャーを取り入れた暮らしが可能だと思いますよ。」と、広い敷地の中でパーマカルチャーを実践しながら、北杜市での暮らしを満喫されていました。地域おこし八ヶ岳山麓の閑静な別荘地、楽しい迷い道の先にある「カフェ・ド・エイト」。オーナー外国人農業ネイチャー(芸術自然に関わる仕事で、趣あ味る)長嶋さんは25歳の時にスキーのできる環境を求めて北杜市に移住されました。二地域カフェは夏場の期間限定、冬は専ら北杜市古民家の山々でスキーを楽しんでいます。北杜市にネイチャー(芸術自文然化に、教関養わる仕事、趣味)は冬の自然を存分に味わえるゲレンデがあります。「移住してきて冬場の時間を持て余ショップしている方アイコンの力になれたら。」と、生涯スポーツとしてのスキーを通して、人と人とのつながりが芽生えることを願っています。芸術文化、教伝養統工芸・特産品長嶋佐織さん(42)、啓貴さん(40)、玲那さん移住前のご住所:埼玉県朝霞市〔カフェ・ド・エイト〕http://cafede8.web.fc2.com/外国人文化、教伝養統工モノ芸・づ特く産り品四季を味わう山の中の定食屋さん古民家妹せ尾お真治さん北杜アイコン市大泉町在住芸文伝モ子育てまるで森の中にいるように感じる四井さん宅には、パーマカルチャーのアイデアが随所に見られます。自然豊かな土地は家族団らんの時間を楽しむのにも最適な空間です。きみと四井真治さん(41)、千里さん、木水土くん( 7 )、宙くん( 3)移住前のご住所:長野県伊那市〔ソイルデザイン〕http://soildesign.jp/そら春は山菜、夏は川魚、秋はキノコ。妹尾さんご夫婦が営む定食屋「自然屋」では、四季折々の八ヶ岳の味を頂くことができます。もともと自然のある環境が大好きで、山小屋や農場で働いていたこともあるという妹尾さん、「四季折々の自然を料理で表現したい」と北杜市で定食屋さんを始めました。「自然屋」で使う食材は、妹尾さんが毎日山へ入って採ってくる自然の恵み。「自然が近くにあって、家族が近くにいて、この生活は本当に快適です。」と、満足げにお話しくださいました。妹尾真治さん(35)、理栄さん、水み伝統工モノ芸・特づ地産くり域品おこし地農業モノづ地くり域お二こ地し域二ネイチ地域お二こし地域ショップシづき芸術月ちゃん移住前のご住所:神奈川県伊勢原市二地〔自域ショップ然屋〕http://ameblo.jp/shizen-yama/外国人外9文化、教